ランサーエボリューション復活の可能性は残念ながら絶望的なようです。北米三菱のサイトから分かりました。

先日エボに関しての記事を検索していたら北米三菱のサイトに辿り着き、ランサー&エボリューションの記事が掲載されていたので読んだところ、ランサーエボリューションの復活はほぼ絶望的であることが分かりました。
Mitsubishi-Lancer-breaker-d.jpg
北米三菱の記事を一部和訳したので読んでみて頂ければと思います。

ランサーの生産はもうありません。
しかし、その遺産は我々のドライバーと我々の革新的で野心的なラインアップの情熱のために生き続けます。

Lancer FAQ

三菱は、まだランサーかランサーエボリューションを作りますか?
三菱は、ランサーとランサーエボリューションの生産をやめました。
しかし、中国と台湾で人気があり需要があるので、ランサーのネームプレートは、ランサーEXスポーツ・セダンで、これらの市場の中に残ります。


なぜ、三菱はランサーとランサーエボリューションをやめたのですか?
効率と融通性が消費者にとってますます重要になったので、三菱は顧客需要に合わせるために我々の注力をクロスオーバー車両と電気またはハイブリッドカーに集中することに決めました。

三菱は、ランサーまたはランサーエボリューションをまた復活させますか?
ランサーまたはランサーエボリューションを復活させる計画はありません。
三菱は、クロスオーバーと電動のハイブリッドカー分野に集中することに留まっています。2018のLA自動車ショーで、三菱は、eエボリューションコンセプト を出展しました―それはハイパフォーマンスDNAがエボリューションの名声に真実であります。


以上が北米三菱サイトからの抜粋です。以下がその記事のリンクになります。ランサーの歴史にも触れられているので興味のある方は英語ですが目を通してみてください。
https://www.mitsubishicars.com/lancer-history

Mitsubishi-Lancer-Hero-fb.jpg
三菱は経営状態が厳しい状態が続いていて、その中でも販売を伸ばす為に、今市場で人気のあるSUVに特化していますが、いつかきっとランサーエボリューションを復活させてくれると私は信じていました。しかし、この北米三菱からオフィシャルアナウンスメントとも言えるこの様な宣言を目にしてしまい、その復活の可能性はもはや絶望的だと思わざるを得なくなりました。

前のブログにも書きましたが、企業として存続させるには市場が顧客が求める車を製造販売し売り上げを伸ばし利益を得るのは当然の手法です。今市場で人気があるのは、SUVか依然として人気なミニバンです。あのトヨタがクラウンをセダンとしての販売を辞めてSUVとして今後はモデルチェンジするというニュースを聞いたときにはあの歴史的セダンの名車クラウンをSUVに鞍替えするなんて何を考えているんだろうと腰を抜かしそうになりました。どこのメーカーも右にならえでSUVばかりが増えていくのはなんとも寂しい限りです。

確かに今日本でいや世界でもセダンはあまり人気と需要がないかもしれません。需要が無いものは市場から消えていくのが宿命ですが、車は移動手段だけでなく、趣味的要素も非常に高い工業製品です。見て楽しむ、乗って楽しむ、カスタマイズして楽しむ。そんな自動車ファンは今も沢山います。時代背景ももちろん影響しますが昭和、平成は車好きが本当に心底ワクワクできる車がたくさんありました。でも今は環境や安全面も非常に厳しくなってきているので、それに順守したハイブリッドやEVの開発、リリースが中心になっているのは致し方がないことではあります。

でもそんな中でも本当に車を操るのが大好きな車好きを満足させてくれる車を決して販売台数は少ないだろうとは分かっていてもリリースして欲しいなって思います。現にスープラ、86、スカイライン400R, 35GT-R, Z, シビックタイプR,BRZというスポーツカーは新車で存在しているのですから。

私はランサーエボリューションが初めての三菱車ですが、エボ乗って驚きました。三菱ってこんな良い車造るメーカーだったんだ!って。今まで色々な車を乗り継いできましたがこんなにワクワク感動させてくれる走行性能を持っていて、いつまでも飽きない魅力を放っている車は断然エボ以外ないです。

三菱自動車はとてつもなく高い技術力と革新的なメカニズムを開発できる力を持っている素晴らしいメーカーなんだと分かりました。それだけにもうランサーエボリューションを造らないという言葉を目にしたときにショックでした。残念でならないです。

先日ブログで紹介した台湾で現在も販売されているグランドランサーはベースこそ旧来のギャランフォルティスですが、走行性能や内装はブラッシュアップされてとても洗練されています。台湾、中国の方は今もランサーを新車で買えるなんてとてもうらやましいです。グランドランサーカスタマイズするとこんなカッコいいんですよ。
86ue6u6wr9a51.jpg

ランサーエボリューションの中古車市場価格は高騰しています。球数も少なくなってきている気がします。エボIXなんてそのうちR34並みになってしまうんじゃないかなと思います。e-エボリューションとかではない、昔ながらのセダンのパッケージングでもうエボが復活することは絶望的だと思いますので今エボユーザーの方、これからエボユーザーになる方は大切に乗っていきましょうね。
blog.jpg



この記事へのコメント